FCTメディア・リテラシー研究所 Japan Media Literacy Research Institute
検索ページ
WWW を検索 www.mlpj.orgを検索
<<トップページ
お知らせ What's New?
お問い合わせ Contact
研究プロジェクト Research Projects
参加と対話で学ぶメディア・リテラシー Learning Media Literacy
オリジナル出版物 Publications
資料頒布案内 Order
参考文献 Suggested Readings
研究と実践における学びのモデル Key Concepts & Media Analysis Model
メディア時評 Media Critique
FCTメディア・リテラシー研究所について About Us
サポーター募集 Get Involved
サイトマップ Sitemap
検索 Search
ジェンダーとメディア Gender and Media People and Media
分析・調査・研究
1.グローバル・メディア・モニタリング・プロジェクト(GMMP)研究
GMMPは、世界70数カ国のモニターグループが参加して、世界のニュースメディアを一斉にモニター調査するプロジェクトです。1995年に第1回のGMMPが実施され、2000年にGMMP2000、2005年にGMMP2005、2009年から10年にかけてGMMP2009/10と、これまで5年ごとに行なわれています。事務局として運営の責任をもつのは、カナダのトロントを拠点に活動する国際NGO、World Association for Christian Communication(WACC)です。
 本研究所は日本のコーディネーターとして第1回のGMMPから参加し、2009年11月に始まった第4回のGMMP2009/10にも地域のモニターグループとネットワークを形成しながら参加しました。分析結果の一部は、2010年3月にニューヨークで開催される国連女性の地位委員会the Beijing Platform for Action Review +15 で発表される予定です。
2.皇室報道分析調査
日本のメディアにおけるジェンダーの問題を考える上で、「天皇報道」は欠かすことのできない重要なテーマです。本研究所では、皇太子の結婚の儀や昭和天皇逝去を伝える際のメディア報道を取り上げ、ジェンダーアプローチによる実証的な分析を行なってきました。
3.FCTテレビ診断分析調査
本研究所では、1980年以来、定期的に、テレビCMやドラマ、アニメ番組、ニュース報道など、さまざまなジャンルを対象に、テレビ診断分析調査研究を行なってきました。この調査研究は、市民の視座から行なわれ、ジェンダーアプローチによるテレビ分析調査のパイオニア的役割を果たしてきました。とくに、テレビと家族や主婦に焦点をあてた分析調査では、伝統的なジェンダーの価値観に基づくステレオタイプな女性像がどのように構成されるかを実証的に明らかにしています。

横浜市中区新港2-2-1横浜ワールドポーターズ6階NPOスクエア内(〒231-0001)
Copyright© Japan Media Literacy Research Institute. All rights reserved.